ダイヤ入りの結婚指輪

結婚指輪にダイヤモンドを入れたいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

結婚指輪は普段使いになるので、あまり大きなダイヤモンドではなく、細かいものをさりげなく入れると素敵です。

先輩花嫁たちが選んだダイヤ入りの結婚指輪は、普段使いしやすくダイヤを1粒埋め込んだものや、細かいメレダイヤをデザインして入れたりと工夫したものでした。

ダイヤは、細かいものでもきれいに輝いてくれますので高級感があります。

結婚指輪にダイヤを入れるのは、女性側の方が多いですね。

男性側の指輪には、ほとんどダイヤは入れていないようです。

▼おすすめリンク⇒http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_E1434964483161/

また、ダイヤ入りのものは、デザインのバリエーションが多いため他の人とかぶりにくく、こういったのも人気の理由です。

エタニティリングといって、リング一周にメレダイヤを埋め込んだものがあります。

とてもきれいで良いのですが、日常生活ではタオルやニット製品が引っ掛かってしまったり、赤ちゃんのお世話をしている時に、知らないうちに赤ちゃんの肌を傷つけてしまう恐れがあります。

何度も引っ掛けたりしているうちに、ダイヤが外れて落ちてしまうことがありますから、注意してください。

もちろん、そんな場合は買ったお店に言えばメンテしてくれますので大丈夫です。

石が落ちてしまうのはよくあるトラブルですから、気づいたら直してもらいましょう。

ハーフエタニティと言って、リングの半分だけに石を埋め込むタイプもあります。

これなら引っ掛けたりするトラブルは減ると思いますよ。