安い既成デザインののぼりを使って効果のあるのぼりを作りたい

既成のぼりにオリジナルを加えれば独自性は出ますが、あまり独自性を気にする必要はありません。

日本人の五感にうまく訴えかけましょう。

■既成のぼりにオリジナルのキャッチフレーズ。

既成デザインののぼりとは、色や柄があらかじめ印刷してあって、そこにキャッチフレーズをはめ込めば完成するといったものです。

色や柄にはバリエーションがあるので、違うものを選ぶことも可能です。

キャッチフレーズやタイトルは自分で考えて用意していきましょう。

長いキャッチではなく、短い文言がおすすめです。

イラストのはめ込みなども、あまり複雑で細かいものはおすすめできません。

■日本人の五感に訴えかける共通の色や言葉。

季節の色、季節の絵柄、共感のもたれる言葉をうまく使いましょう。

独自性やオリジナルにこだわりすぎると失敗します。

大多数の人が同じようなイメージをもつ色、知っている単語を使うのが失敗のないのぼりの作り方です。

長いと目に入っても読んでもらえません。

季節違いの色は、共感をもってもらえません。

■夏なら青、春なら桜。

定番でつまらない感じもありますが、この共通項が大事です。

共通=共感と認識しましょう。

違ったのぼりを作ることが優秀とは限りません。

みんなが知っている色や絵柄、言葉をうまく取り込んで、そのうえで少しだけオリジナリティが出るように工夫するのが、手慣れたプロののぼり製作法です。

 Post details 


 © 2018 - これでわかる!のぼりのいろは