のぼりに使える強烈なキャッチフレーズの作り方はありますか

Tags: No Tags
Comments: のぼりに使える強烈なキャッチフレーズの作り方はありますか はコメントを受け付けていません。
Published on: 2018年1月8日

のぼり用のインパクトのあるキャッチフレーズとはどんなものでしょうか。

ヒントは「共感」にあります。

効果倍増のアドバイスも含めお話ししましょう。

■オリジナルを意識し過ぎると逆効果

“強烈な”といっても奇をてらってあまりヒネりすぎたキャッチフレーズでは、客に伝わりにくくなります。

上手なキャッチの作り方は、いま流行っている単語をうまく取り込んで、短いキャッチフレーズに仕上げることです。

のぼりは店頭に立てて、風によるファンクション効果を利用し目立たせます。

いわゆるハタメク効果です。

そのため長いキャッチフレーズだと、客の目線に入っても読み切れません。

■短くて簡潔で共感のもてるキャッチフレーズ。

たとえば「夏のイチ押し、新登場!」、「この夏、アッパレの清涼飲料登場!」など、長くても15文字程度が限界です。

商品名はキャッチに加えず、別扱いでデザインしておけば長くなりません。

流行語大賞などをヒントにしてもいいですが、毒が強すぎるワードは逆効果になります。

好感のもたれるフレーズをうまく使いましょう。

こちらの記事を参考に、共感をよぶキャッチフレーズを考えてみてはいかがでしょうか。

◇参考ページ:https://matome.naver.jp/odai/2140707004027581501

■のぼりで効果をあげるには、店内やチラシにも同じフレーズを用いた販促計画を実現させましょう。

のぼりでせっかく効果的なキャッチをつくっても、店内に入ったときに関連した販促物がなければ、まったくの別世界になってしまいます。

同じキャッチフレーズを使って垂れ幕やチラシをつくり。

客目線で連続した効果をつくりあげましょう。

のぼりから入り口へ、入り口正面へ、レジ周りへと誘導するように仕掛けます。

Welcome , today is 土曜日, 2018年11月17日